差のつく映像制作会社の見つけ方

バイトで事情を知る

バイトで事情を知る

バイトで事情を知る テレビ、映画、ビデオパッケージなどに携わる映像制作会社に興味があるとき、最初は「アルバイト」から始めてみるのもひとつの良い方法です。
巷でよく言われているとおり、映像制作会社の仕事は時間の拘束が長く、「下働き」のような肉体労働も多く、上下関係もはっきりしていますので、体力的にも精神的にも負担が大きいことがあります。
そういった業界にいきなり正規雇用で就職を決めてしまうと、自分の肌に合わなかった場合、苦労や逡巡が多くなってしまうのです。
ならば、まずは時間単位できちんと給料がもらえ、仕事の仕方にも融通が利かせられる、「アルバイト」という方法も入り口として得策と言えるでしょう。
映像制作会社も、会社によってさまざまな毛色があります。
軍隊式に序列がはっきりしている会社もあれば、アットホームな会社も。スタジオ収録が中心の会社もあれば、外でのロケが中心となる会社も。
それら会社の個性を、まずはじっくり見極めるのです。

映像制作会社の業務内容にはどのようなものがあるのか

映像制作会社の業務内容にはどのようなものがあるのか "映像制作会社は、本来であれば顧客用映像制作と自社利用映像作制作の2つが業務内容になります。
一方、番組制作会社を踏まえれば、例えば、放送局のテレビ番組の企画や製作を担当するケースもあり、コマーシャル製作から編集、さらにWebコンテンツやゲーム、アニメーションなどの仕事も行います。
映像制作会社の業務は企画系と技術系それぞれに部署があり、まず、企画系には、ディレクター・プロデューサー・製作デスク・構成作家もしくは放送作家が該当します。
例えばよく耳にするディレクターの場合にはアシスタントディレクター、いわゆるADからスタートし、製作に関するあらゆる業務を経て初めてなることができます。
プロデューサーもアシスタントからがスタートになり、業務には製作の企画立案や出演者との交渉、スポンサー手配、予算管理などがあります。
技術系では、音声・カメラマン・MAミキサー・音響オペレーター・照明オペレーター・スイッチャーが主な部署となります。
技術系は専門知識が求められる部署も多く、通常、アシスタントを経てなることができます。

copyright (C) 2017 差のつく映像制作会社の見つけ方. All Reserved.